かかる費用

まず法律事務所には弁護士がいます。
弁護士というと「裁判」という言葉が頭に浮かんできて、なかなか相談しにくいというイメージを持っているのではないかと思います。
裁判にかかわる仕事には、離婚や金銭トラブルなどの民事事件の裁判、殺人や窃盗などの刑事事件の裁判、国や地方公共団体との行政事件の裁判があります。
しかし、裁判だけが弁護士の仕事ではありません。
契約条件が合わない時に交渉してもらったり、交通事故の過失割合や保険会社から支払われる金額になっときいかない時に交渉してもらったりと、裁判にまでいかない段階で代わりに交渉してもらうことができるのです。
そのほかにも、内容証明郵便をはじめとする書類を書いてもらうこともできます。

法律事務所の専門サービスの種類が多いため、専門サービスを受けたときの価格という言葉ですべてを説明することはできません。
しかし、例えば、法律相談に行ったときの価格の目安としては、30分で5000円程度です。
事務所によって消費税が別途必要であるか否かは異なりますし、価格が異なる場合もあります。
専門サービスごとに価格が異なるのでここでは破産の申立てをしてもらった時の目安をご紹介しますが、着手金で30万円程度と成功報酬で30万円程度かかります。
ただし、法律事務所によって価格を自由につけることができますし、破産に至った状況や債務の金額によっても価格異なりますので、一概にこの金額とは言えません。
また、破産を申し立てる場合は、法律事務所の報酬の他に裁判所に予納金などの費用も必要になります。